SEEDxとは?
野口邦夫

「価値を秘めた在来野菜と、その加工品でじまんの一品を作ろう」

起案者:高橋 正志

起業を予定している地域:会津地域

解決しようとする地域の問題

会津地方には、以前から作り続けられてきた在来の野菜があり、自家採種によってそれらが守り続けられているが、それらの存在は会津地方以外にはあまり知られていない。会津地方は日本有数の農業地帯であり、素晴らしい農産物や農業従事者が多くいるにもかかわらず、生産者、加工者が個々に取り組んでいるため、従来から、当地で生産される農産物は有機栽培など生産技術にこだわったものが多かったが、消費者側がどのような農産物、加工品を欲しているのかといった、マーケティングの視点が少なかった。又、在来の農産物である故、単独の収量が小さい生産物の集まりでしかなく、流通側を視野に入れたまとまった取り組みも行いづらい部分もあった。そのため、その農産物や加工品の良さが消費者に対してうまく伝わっていないことが多かった。

社会起業プラン概要

本事業は、これまで個々に取り組んで来た生産者、加工者のみならず、流通者、消費者も参加するコミュニティを形成し、会津地方の生産物を使った「地域じまんの一品」を作り上げ、消費者に届けることで、もともと持っていた生産物の価値を更に高めるのと同時に、それら価値の高い農産物や加工品を消費者に届けていくルートをつくるものである。

まず、対象となる産品に関する情報を収集した上で、出口となる流通業者との連携や催事等を催すことで、消費者に対する周知活動を行う。その上で、生産者、加工者、流通者、消費者によって形成されるコミュニティづくりを行う。今回の事業では、首都圏のスーパーなど流通業者などとの連携により、在来の農産物の素材評価や加工品を製造するにあたってのマーケティングを実施し、その素材の良さや地域のストーリー、レシピの提案などを行うことで、消費者に受け入れられやすいかたちで「じまんの一品」の提案ができる「出口」の確保を行う。

この仕組みにより、地域の農業者をはじめとした人々にとっては、新たな投資を必要とせず、これまで地域にとどまっていた品質の高い加工品を県内外の友人に自慢できる一品に発展させることができること、これまで生産者、加工者が個別に行っていた取り組みが地域ぐるみの取り組みになり、これまで個々に持っていた販路やノウハウが共有されることで、更に加工品が持つ能力や価値が高まること、そして、その元となった農産物や素材自体の付加価値や販売、あるいは会津地域全体への様々な波及効果が見込めること、があげられる。

seedxロゴ

(C)2012 SEEDx.info