SEEDxとは?
青島美幸

「心の復興プロジェクト」

起案者:青島 美幸

起業を予定している地域:三陸沿岸地区(釜石市、大船渡市、遠野市、住田町、気仙沼市、および南三陸町)ならびにその周辺地域

解決しようとする地域の問題

東日本大震災の地震と津波で、三陸地域では主要産業である漁業を始めとして、多くの工場、店舗が壊滅的な被害を被りました。そのため地域経済は疲弊し、若者や主婦の雇用の場も失われ、ますます少子高齢化と過疎化が心配されており、経済的事情による一家離散や孤独死等も問題になってきています。また、被災から1年半が経過し、仮設住宅や仮設店舗の入居期限や生活保護の受給期限の到来が目前に迫ってきています。が、対応はなかなか進んでいません。

社会起業プラン概要

この事業では、三陸の特産品および観光地・景勝地のPRと販路開拓を軸に、地域における産業活性化と雇用創出をおこなう。Rは単なるPRにとどまらず、クーポンやスタンプシステムの活用や、パッケージ販売、その他視点を変えたアイデアの活用により、循環的に購入や観光が起こるようにする。また、この地域が抱える問題(後継者不足、人材不足、資金不足)を顕在化し、メディアやイベントを通じて全国に支援を呼びかける。PRやイベントには、提携先である「文化パステル」に協力している著名人に特産品・観光地・景勝地をプロデュースをしてもらい、付加価値を付けてより広告力の強い商品や地域に育て、生まれた利益は支援金として地域に還元する。社団の利益は支援金としての地元への還元するほか、被災地や過疎地の起業家支援や産業活性化に活用する。当モデルは商材を問わずに適用できるため、初期の地域で成功した後には、他地域に展開することが容易である。

SEEDx 地域未来塾の重点分野について特筆すべき点は、企業との連携で百貨店の三越、シンコーミュージック、JR財団、独立法人 防災科学技術研究所、その他地元企業との連携が予定されている点、および行政との連携で自治体がおこなう観光地・景勝地の開発やプロモーションに協力する点があげられる。その他、コミュニティマネジメントやソーシャルメディア活用についても積極的に実施していく。

seedxロゴ

(C)2012 SEEDx.info